プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 浴衣(ゆかた)とは

コラム

浴衣(ゆかた)とは

▼浴衣

浴衣(ゆかた)

元来はその名の通り“お風呂上がりに着るもの”でしたが、現代では夏の風物詩として欠かせないものとなっています。
かつては白地に藍染めが一般的だったものの、外出着としてのニーズが高まるに連れて様々な色・柄が発売されています。
たまには流行の浴衣を新調するのもいいですね。

◆どこへ着ていく?

夏のお出掛けや、花火大会、縁日、盆踊りなどのイベントに着ていくとテンションが上がります。
着付けも簡単で、帯結びなども、ネットに動画がたくさん上がっているので、少し練習すれば自分で着れるようになります。
また、プロに頼む場合も、通常の着物よりは割安な価格で設定しているケースが多いです。

◆浴衣の特徴

原則、綿の単衣の着物です。
単衣の着物が、広衿(ひろえり。衿の幅が広く、着付けの際に折って着る)であるのに対して、浴衣はばち衿(ばちえり。折った状態で仕立ててあり、着付け時に幅を調節できない)です。
色・柄ともに数え切れないほどの種類があるので、似合う浴衣を探すのも楽しいですね。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師