プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 付け下げ(つけさげ)とは

コラム

付け下げ(つけさげ)とは

▼付け下げ

付け下げ(つけさげ)

付け下げは、肩を中心に前後とも、模様が全て上向きになるように柄付けされている着物です。
既婚・未婚の区別なく着用でき、着用シーンも訪問着とそれほど変わりませんが、訪問着に比べるとシンプルです。
訪問着は絵羽模様になっていますが、反物の状態で柄付を行う付け下げは必ずしも柄が繋がっていないことがあります。
戦時下、華美な訪問着が禁止されたために考案された模様付けの方法とのこと。
最近は、柄が絵羽模様になっている「付け下げ訪問着」というものもあります。

訪問着にくらべると、模様が少ないので控えめな印象になり、お茶会など落ち着いた場所に向きます。
一方で格の高い場所では、訪問着を着用したほうが無難です。

◆どこへ着ていく?

訪問着と同様、余り着ていく場は選びません。
友人の結婚式や、お子様に関わる行事、お茶・お花など、様々なシーンで着用できます。
柄がシンプルな分、物足りなく感じることもあると思いますが、そこは帯や小物でアレンジして、センスよく着こなしましょう。

◆付け下げの特徴

肩を中心に前後とも、模様が全て上向きになるように柄付けされています。
訪問着は柄がすべて縫い目を渡る絵羽模様ですが、付け下げは柄がすべての縫い目を渡るわけではありません。
絵羽模様風でも、一部縫い目を渡らない柄の着物を、付け下げ訪問着といいます。
訪問着かもと迷ったら、裾の裏地(裾回し、八掛け)をみます。同色系でも、表地とは別の布地で仕立てられていれば付け下げです。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師