プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 留袖(とめそで)とは

コラム

留袖(とめそで)とは

◆黒留袖(左)と色留袖(右)

黒留袖(くろとめそで) 色留袖(いろとめそで)

振袖が未婚女性の第一礼装であるのに対し、留袖は既婚女性の第一礼装となります。
“留袖“という名称は、かつて振袖の長い袖を結婚時に「短く留めた」「袖をつめた」風習があったことから名付けられました。
その昔、振袖の長い袖は未婚女性が男性にアピールする道具でもあったので、結婚したら長い袖は不要となるため、袂を短く切って、“留袖“としていたのです。

留袖のうち、地色が黒いものを“黒留袖“、黒以外の花やかな色で染められたものを“色留袖“と言います。
黒留袖は既婚者しか着ることができません。
ちなみに、着用の是非に未既婚が関わってくるのは、黒留袖と振袖だけです。
黒留袖は既婚女性の第一礼装となるため、必ず必ず染め抜きの日向紋(五つ紋)を入れます。

色留袖は未婚でも着用でき、五つ紋から三つ紋、一つ紋と多種類あります。
五つ紋であれば黒留袖と同格となり、三つ紋や一つ紋は一段格が落ちます。

◆どこへ着ていく?

五つ紋の留袖は主に親族の結婚式で着用されます。
特に黒留袖は、最近では新郎新婦の母や祖母、既婚の姉妹が着物で参列する場合に多く見かけます。
対して色留袖は、未婚の親族や、既婚でもまだ若い方が式に華を添えるために、黒留袖ではなく色留袖が選ばれるがあります。
また、三つ紋や一つ紋の色留袖であれば、友人の結婚式に着ていくこともできます。

◆留袖の特徴

大きな特徴としては二つあります。
一つは必ず紋が入ること、もう一つは上半身に柄がなく、裾にのみ柄があることです。
また柄は、縫い目を渡って続く“絵羽模様“となっています。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師