プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 着物での所作〜当日編〜

コラム

着物での所作〜当日編〜

着物を着ている時に普段と同じように動こうとしても上手くできません。
大きな動きをすると着崩れの原因になりますし、転んでしまったりしたら大変です。
着物の時の一般的な所作をまとめましたので、こちらを参考に、なるべく小さく、ゆっくりと行動しましょう。

◆着物での歩き方

着物の幅の8割くらいの歩幅で内股気味に歩きましょう。
大股で歩くと裾が広がってしまい、着崩れたり脚が見えたりしてしまいます。
いつもと同じスピードで歩くことはできませんので、時間に余裕を持って行動します。
お連れの方に着物の方がいたら、歩くスピードに気をつけてあげましょう。

◆着物での階段

まず、なるべく階段を避けましょう(笑)。
多少遠回りでも、エレベータやエスカレーターを利用した方が楽です。
振袖の場合は、袖がエスカレーターに巻き込まれないように注意してください。
どうしても階段しかない場合は、裾を踏まないように気をつけて、ゆっくりと昇り降りします。
必要なら右手で裾の上前を軽く持ちます。
こちらも振袖の場合、裾を引きずらないように気をつけましょう。

◆着物で車に乗る

乗る時はお尻から乗ります。
裾を揃えてシートに浅く腰掛け、髪型を崩さないように気をつけながら頭を入れ、体を90度回転させるように足を揃えて乗り込みます。
背もたれに寄りかかると帯が潰れてしまうので気をつけましょう。
後部座席でシートを移動するのは大変なので、後部座席の右側に乗る場合は、安全な場所であれば運転席側のドアから乗ることをお薦めします。

◆着物での電車やバス

つり革は極力使わず、手すりを掴むようにしましょう。
また、シートに座る場合は次の「椅子に座る」も参考にしつつ、着崩れに注意して座りましょう。

◆着物で椅子に座る

浅めに腰掛けるのがポイント。
寄りかかると、背もたれで帯が潰れてしまいます。
特に振袖などでの変わり結びの場合は注意が必要です。
また、振袖の時は袖が地面につかないように両袖を持ち上げながら腰掛け、座ったら袖を膝の上に置くようにします。

◆着物での食事

袖で引っ掛けてテーブルの上のグラスを倒したり、ナイフやフォークを落としたりすることがないようにします。
テーブルの奥のグラスなどを取る時は、必ず反対の手で袖を押さえましょう。
着物を汚さないよう、膝の上にナプキンやハンカチをかけるのも忘れずに。
乾杯の時は、グラスを髙く上げ過ぎないように!
あまりに腕が露わになってしまうとみっともないです。

◆着物でのトイレ

慣れない場合は特に洋式トイレを選びましょう。(着物に慣れた方だと、和式の方が楽という方もいます。)
また、床が汚れていたりする場合はいつも以上に避けたほうが無難です。
着物と襦袢の裾を上前→下前と順にたくし上げていき、袖と一緒に裾を全て抱え込んで用を足します。
終わったら逆の順番で裾を戻していきますが、この時裾が便座の中に入ってしまわないよう、ふたがある場合は閉めましょう。
個室が狭い場合、裾や帯は個室を出てから鏡の前で直します。
手を洗う時も、袖を濡らさないように気をつけましょう。


きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師