プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > オペラ・コンサート・舞台〜着物が似合うシーン〜

コラム

オペラ・コンサート・舞台〜着物が似合うシーン〜

ある程度のドレスコードが求められるクラシックコンサートやオペラ鑑賞、
歌舞伎をはじめとする舞台観劇に、着物で来ている方も多く見かけますね。

クラシックやオペラなど「西洋の音楽だから着物はNG」なんてことは全くありませんので、堂々とお召しになってください。
また歌舞伎や能といった伝統芸能でなくとも、帝国劇場(日比谷)や明治座(浜町)などの
由緒ある劇場に舞台を見に行くと、着物の方がたくさんいらっしゃいます。
着ていく着物は、チケット代がS席でも数千円〜1万5000円くらいまでのものならば、付下げや訪問着が良いでしょう。
カジュアルな演目なら、小紋でも良いと思います。
一方でチケット代が数万円を超えるオペラやバレエの場合は厳し目のドレスコードが設定されているので、
訪問着や色無地が適当かと思います。
イベントの内容や格式と、着物の格を合わせることが大切です。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師