プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 袴と着流し〜男性編〜

コラム

袴と着流し〜男性編〜

着物にも色々な種類がありますが、女性の着物と男性の着物にも大きな違いがあります。
男性の着物で特に気を配っていただきたいのが「袴」なのです。
礼装、準礼装の時は、袴は履かなくてはいけないもの。
フォーマルな場で袴を履かないのは、相手にとっても失礼にあたりますから、注意して下さい。
逆にカジュアルな席では、袴は堅苦しい印象となるので、着物だけの「着流し」というスタイルになります。
この着こなしは女性にはありませんので、覚えておいていただきたいものです。

◆正礼装(フォーマル)

男性の正礼装は、結婚式で言えば新郎と新郎新婦の父親、そして近い親族や仲人といった限られた方々の装いとなります。
昔から言われる「紋付き羽織袴」が決まりです。
着物や羽織は、季節に関係なく黒の無地で、それぞれに染め抜きの五つ紋を付けなくてはいけません。
袴も白黒の縞織りのものとなります。
半襟は白、羽織紐も白の丸組紐、そして草履の鼻緒も白というこだわりが必要なのです。

花婿のお色直しや主賓ゲスト、親戚などが着る正礼装は、黒以外の色(例えばベージュとかグレー、ブルーなど)でもOKです。
ただしこちらも、染め抜きの五つ紋を着物と羽織に付けて、袴は縞模様となります。

◆準礼装(セミフォーマル)

結婚式や格式のある祝典に一般ゲストとして出席する時の装いが「準礼装」となります。
正礼装が五つ紋でなくてはいけないのに対し、こちらは三つ紋もしくは一つ紋として、少し格式を下げましょう。
また着物と羽織は色無地ですが、袴は縞、無地どちらでも大丈夫です。

◆略礼装(インフォーマル)

袴を履くのか着流しにするのか、迷うのが略礼装かも知れません。
「袴で行ったら周りから浮いてしまう?」
「着流しでは、少しカジュアル過ぎるかも……」など、判断が難しいですよね。
女性の着物で例えるなら、「付け下げ」を着て行く場所なら、袴を着用しましょう。
ドレスコードが求められる「クラシックコンサート」や「歌舞伎」へのお出かけや、高級レストランでのお食事は、女性も「小紋」で、お洒落に装います。
男性も、着流しスタイルでOKです。
気流しは、着物に慣れた粋な雰囲気になるので、おすすめ。
是非、楽しんでお出かけ下さい。

◆外出着

ちょっとしたお出かけの時は、袴を履かず着物だけという「着流し」となります。
略礼装の時と同じく、羽織はあっても無くても問題ありませんが、紋は付けません。
着物と羽織がお揃いのアンサンブルも良いですが、慣れたら色や素材を変えてお洒落を楽しむのも良いでしょう。
半襟や羽織紐、草履の鼻緒もカラフルなものを使うと個性が出ます。

◆くつろぎ着

夏の浴衣や、自宅でのんびりする時の着物です。
木綿や麻など、肌触りが良いものが人気となります。
もちろん着流しで、ラフな雰囲気で着ていただきたいものです。
長襦袢などを着る必要もなく、肌襦袢やTシャツでもOK。
素足に下駄という組み合わせも、くつろぎ着ならではです。
ただし、近所のお散歩くらいなら良いですが、遠出する際は長襦袢を着て、足袋も履く気遣いは必要でしょう。

女性の着物は「色留袖」「訪問着」「付け下げ」「小紋」など種類も多く、TP0に合わせて着るのも、難しい場合があります。
男性の着物の場合は、その点シンプルかも知れません。
ポイントは「袴」です。
フォーマルな席なら袴を履いて、カジュアルな場では着流しにする・・・これを念頭に置いていれば問題は少ないようですね。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師