プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 袴(はかま)とは

コラム

袴(はかま)とは

「袴」と一言で言っても、さまざまな種類があります。
武道で履く袴はもちろん、結婚式や卒業式といったフォーマルな席に着用する袴など、
タイプが分かれ、場合によっては着方も変わるのです。
身近だけど、実は知らない・・・そんな方のために、袴についてご紹介いたします。

◆行灯袴(あんどんばかま)

仕切りのない、スカートタイプの袴です。
今は女子学生の卒業式の定番とも言われる袴は、この行灯袴となります。
その昔、女学生が普段着として着ていた袴ですが、今は卒業式といった式典の時に着るフォーマルな装いに変化してきました。
別名「女袴」とも言われ、正装となるので、合わせる着物は振袖が中心となります。他の袴と違うところは、袴の長さです。
袴を締める位置は、普通の袴よりも胸高となるため、袴の長さが必要となります。
袴を探す場合は、「みぞおち」から「くるぶし」までを目安として測りましょう。

行灯袴は男性が着ることもあります。
ズボンタイプよりもスッキリと見えることから、羽織と合わせてスーツ感覚で着こなせる袴なのです。
ただし、女袴と違い、袴紐は普通の袴と同じくウエストで縛ります。

◆馬乗り袴(うまのりばかま)

行灯袴に対して、ズボン状で裾が広がっているものを馬乗り袴と言います。
紋付きの羽織などと合わせると、フォーマルな席に着用できるのです。
ただし、格式の高い場にふさわしいのは縞模様の袴。
縞の幅が太い場合は若向きで、年齢を重ねるに従って、縞の幅も細くすると言われています。

無地袴の場合は応用範囲も広がり、フォーマルからカジュアルな席にも着ていけるので、揃えると便利な一枚です。

◆野袴(のばかま)

ズボンタイプの裾を絞った袴が、野袴です。
時代劇の水戸黄門が履いていたと言った方が、イメージは伝わりやすいかも知れません。
何と言っても動きやすいのが特徴なのです。
こちらは作業用なので、あくまでも普段着。
フォーマルな席はもちろん、街着として着るのも難しい袴となります。

この他にも、剣道や合気道など武道の時に履く袴も一般的です。
これは、馬乗り袴の一種で武道用にそれぞれ工夫されています。
他にも立居の際に皺ができないよう工夫を施された舞袴や、戦争中に使われたもんぺなど、袴の種類は沢山あるのです。
袴は用途によって色々と変わりますから、その場にふさわしい袴を選ぶように注意しましょう。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師