プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > きもので自分磨き

コラム

きもので自分磨き

▼はじめに

「きものを着る」理由はひとそれぞれです。
たとえば、「自分を最も引き立ててくれるドレスだから」という方もいらっしゃいますし、
「使命です」という方もいらっしゃいます。
そのような中、「自分磨き」や「女子力アップ」という方もいらっしゃいます。
(確かに”和のお稽古”自体が「自分磨き」や「女子力アップ」で推しているようです)

このコーナーでは、【きもので自分磨き】をされる方向けに、
きもので行ってみるとステキなお出かけスポットをご紹介していきます。

※当コーナーで紹介したスポットに関してトラブル等がありましても、当サイトは一切の責任を負いませんので、ご了承の上ご利用下さい。
※また、リクエストやご感想はお問い合わせフォームよりお寄せいただけますと幸甚です。

▼目次

江島神社【神奈川県-藤沢市】


▼江島神社【神奈川県-藤沢市】

今回ご紹介するのは、神奈川県藤沢市の江の島にある江島神社です。

恋愛パワースポット(?)として有名な、「むすびの樹」や「龍恋の鐘」があります。
弁天様を祭っており、女子磨きにもよいのだとか。

実際に行ってみました。

江ノ島弁天橋を渡って、江の島につくと正面に神社に向かう商店街があります。
平日でも人が多いです。

カップルばかりかと思いきや、男性ペア、女性ペアの方が多い印象を受けます。
温泉街っぽい、和柄のお店などもあるので、きもので歩くとお洒落かもしれません。

商店街を抜けると、江島神社の鳥居があり、辺津宮(へつみや)への階段があります。
結構な段数があり、きもので昇るのはちょっと大変そうです。
実際にきもので昇るとしたら裾をすらないように注意です。
(有料エスカレーターもありますが、階段をちゃんと昇った方がご利益がありそうな気がします)

さて、辺津宮(へつみや)につきました。

辺津宮


正面に見える輪っかは、茅の輪(ちのわ)というそうです。
説明書きには次のようにあります。

御参拝の前にこの茅の輪をくぐり、自らの罪穢を払い清め、清々しい心で静かにお参りしましょう

ありがたく、くぐってお参りしましょう。

そして、辺津宮の境内を左に進んでいくと、みえてきました。

むすびの樹


噂の、むすびの樹です。
幹ふたつが、根ひとつになっている見事な大銀杏です。
立札には次のように書かれています。

御神木 むすびの樹
 この銀杏のように ひとつ心(根)に結ばれると親しまれる


かかっているピンク色の絵馬は「むすび絵馬」といい、すぐ近くで買えます。

むすびの樹を過ぎて、先に進む道があり、中津宮(なかつみや)へと続いているようです。
さらに階段を上ります。

途中の休息所からは、湘南港から鎌倉方面が一望できます。

湘南港


ちょっとした売店もあるので、景色を見ながらひと休みもいいでしょう。

階段を昇った先が、中津宮(なかつみや)です。
こちらの方が、女性向けに特化している感があります。

立札からして徹底しています。

中津宮


美しい恋したい。

「美しい弁財天さまにあやかり、綺麗になりたい!」と願う女の子たちの
象徴として、弁財天様の羽衣をイメージした中津宮独自のマークです。
三姉妹の女神様の中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)が
「もっと綺麗に、もっと美しく恋をしたい。」女神である女性達に贈る願いが
込められております。


お守りの種類もユニークです。

○もっとキレイになりたい よくばり美人守(中津宮限定)
     あなたの願いごとを「美人守」ストラップに掛けてお持ちください

○もっと美しい恋がしたい 恋愛成就御守(中津宮限定)
     恋するあなたの力となりますように・・・」

○中津宮限定頒布 心願成就願い札(根付け鈴守付き)
     あなたの願いを鈴の音にのせて・・・」


これだけプッシュされると、確かにご利益があるように思えてきます。

この先にも、本殿のある奥津宮(おくつみや)や、恋人の丘「龍恋の鐘」などの名所が続きます。

「恋とキレイ」にご興味のある方は、実際に足を運ばれてはいかがでしょうか。


きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師