プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 付け下げ(つけさげ)とは

コラム

付け下げ(つけさげ)とは

▼付け下げ

付け下げ(つけさげ)

▼概要

付け下げは、肩を中心に前後とも、模様がすべて上向きになるように柄付けされているきものです。
訪問着よりさらに略式の礼服とされる社交用のきもので、既婚・未婚の区別なく着用できます。

訪問着にくらべると、模様が少ないので控えめな印象になり、お茶会など落ち着いた場所に向きます。

▼TPO

入学式の付添い、友人の披露宴、表彰式、パーティ、観劇、茶会など。

▼このきものは付け下げ? 他のきものとの違いは?

  • 肩を中心に前後とも、模様がすべて上向きになるように柄付けされています。
    (小紋は、模様の向きが統一されていません)
  • 訪問着は柄がすべて縫い目を渡る絵羽模様ですが、付け下げの場合、柄がすべての縫い目を渡るわけではありません。
  • 絵羽模様風でも、一部縫い目を渡らない柄のきものを、付け下げ訪問着といいます。
  • 訪問着かもと迷ったら、裾の裏地(裾回し、八掛け)をみます。同色系でも、表地とは別の布地で仕立てられていれば付け下げです。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師