プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 留袖(とめそで)とは

コラム

留袖(とめそで)とは

▼黒留袖(左)と色留袖(右)

黒留袖(くろとめそで) 色留袖(いろとめそで)

▼概要

留袖(とめそで)とは既婚女性の着用するきものの中では、最も格の高いきものです。留袖という名称は、未婚女性の第一礼装である振袖(ふりそで)の「袖を詰めた」きものという意味からきています。
その名のとおり、全体を黒で染めたものを黒留袖、色で染めたものを色留袖といいます。

黒留袖は既婚者のみしか着用できません。また、留袖はきものの中でもっとも格が高い「正礼装」にあたりますので、黒留袖には必ず染め抜きの日向紋5つ(五ツ紋)を入れます。

色留袖は既婚者のみならず未婚者でも着用が可能です。紋の数により格が変わります。

▼TPO

黒留袖(五ツ紋)     ・・・ 親族の結婚式
色留袖(五ツ紋)     ・・・ 黒留袖と同格。宮中行事。
色留袖(三ツ紋、一ツ紋) ・・・ 披露宴、祝賀会、年賀、初釜、パーティー

▼このきものは留袖? 他のきものとの違いは?

  • 留袖には、必ず紋が入ります。
  • 上半身に柄がなく、裾にのみ柄があります。柄は縫い目を渡って模様が続く絵羽模様になっています。
    (訪問着は上半身にも柄が入ります)

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師