プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 振袖(ふりそで)とは

コラム

振袖(ふりそで)とは

▼振袖

振袖(ふりそで)

▼概要

華麗で袖の長い振袖は、未婚女性の第一礼装です。紋がなくても第一礼装となります。

振袖には袖丈の長さにより、大振袖(本振袖)、中振袖、小振袖があり、袖丈が長いほど格調が高いとされています。
現代、一般的にいわれている振袖とは、中振袖を指します。成人式で主に女性が着ている振袖は中振袖です。

振袖のはじまりは室町時代の小袖といわれ、江戸時代になると袖丈が徐々に長くなって、豪華絢爛なふりそでが誕生しました。

▼TPO

大振袖     ・・・ 花嫁衣裳、お色直し
中振袖、小振袖 ・・・ 成人式、祝賀会、披露宴、結納、初釜、パーティーほか

▼このきものは振袖? 他のきものとの違いは?

  • 柄が、衿・肩・胸・袖の縫い目を渡って模様が続き、下部も、衽(おくみ)・脇・背の中心を模様が連続するように配置されていて、広げると一幅の絵になるような華やかな総模様(絵羽模様)になっています。
  • 他のきものと比べて袖が長いです。振袖以外のきものは大体49センチくらいです。対して、大振袖の袖の長さは114~125センチ、中振袖の袖の長さが91~106センチ、小振袖の袖の長さが75~87センチくらいとなります。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師