プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 半衿(はんえり)の付け方

コラム

半衿(はんえり)の付け方

▼半衿とは

半衿とは、長襦袢(ながじゅばん)の衿の部分に縫いつける汚れ除けの布です。
半衿の中には、衿芯(えりしん)を入れ胸元をきちんと整えます。

半衿は、きものの衿に汚れがつかないようにカバーするだけでなく、きものと肌の間にあって、きものの色柄をより強調する役割を果たします。

着付けを依頼するにあたっては、”長襦袢に半衿がついていること”は前提条件となっています。
必ず、当日までに長襦袢に半衿つけるところまで準備を行うようにしましょう。

また、きものをレンタルする場合は、セットの長襦袢には半衿が付いた状態で借りられることが多いようです。
きものをレンタルする際のチェックポイントにしてみてはいかがでしょうか。

▼半衿の付け方

半衿の中に入れる衿芯には、丈夫な三河芯(みかわしん)と、手軽なはめ込み芯(はめこみしん)があります。
どちらを用いるかによって、半衿のつけ方が異なります。

■三河芯を用いる場合

  • 半衿と三河芯の中心を合せて重ね、芯をくるみ、芯の片側を縫い合わせます。
  • 縫っていない方を長襦袢の表衿に重ねて、背中心から待ち針で留めます。
  • 待ち針に沿って、衿の端から端まで縫います。左右の衿肩あきの間は細かく縫い、両端は荒く縫います。
  • 表を縫ったら裏返して、半衿を半分に折り、長襦袢の裏側に縫い留めます。
  • 衿先は粗めに、衿肩あきの部分は細かく縫います。衿肩あきをつりぎみに縫うと、衣紋の内側がきれいに仕上がります。

■はめ込み芯を用いる場合

  • 半衿の片側を1~2センチ織り込んで縫います。
  • もう片方(縫っていない方)を芯の幅にあわせて余分を折り込み、長襦袢の衿に重ね、背中心から待ち針で留めます。
  • 長襦袢に衿を縫い留めます。縫い方は三河芯と同じです。
  • 長襦袢を裏返して、半衿を半分に折り、端から端までとじつけ、袋状にします。
  • 袋状になった裏側の方から、はめ込みタイプの衿芯を通します。

▼自分での対応が難しい場合

どうしても、自分で半衿を付けることが難しい場合は、早めに着付け師に相談しましょう。
有償で半衿をつけるサービスを提供している着付け師もいます。

当日、半衿をつける場合は、その分だけお着付け時間を前倒しにする必要があります。
やはり、直前での依頼は避けましょう。


きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師