プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 半衿(はんえり)の付け方

コラム

半衿(はんえり)の付け方

▼半衿とは

着物を着る時の準備は色々ありますが、慣れない方にとって一番ハードルが高いのは「半衿付け」ではないでしょうか?
長襦袢に半衿が付いていないと、衿芯を入れることが出来ません。
また、一度付けたらそれでOKという訳にはいかないのです。

素肌に直接触れるため半衿は汚れやすく、目に見えた汚れがなくても定期的に交換しなくてはいけないと言われています。
「私は美容院で着付けをお願いするから大丈夫」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、
半衿は着物を準備する方が付けるのが常識。

美容院や呉服店にお願いする場合は、別料金となることも多いと言えるでしょう。
まずは、半衿付けをマスターして下さい。ポイントをお知らせします。

▼半衿の付け方


  • ①半衿を内側に1~1.5㎝折って、軽くアイロンを掛けて下さい。

  • ②長襦袢の衿(表側)に、半衿の先ほど折った側を内側に重ね、縫いつけます。
     この縫い目は着物を着た時には見えないので、くけ縫いでザックリ縫った方が衿のツレも防げるのでおすすめです。
     右端から縫うのが一般的ですが、針仕事に慣れていない方は背中心から左右に縫っていってもOKです。
     中心がずれないようにマチ針で押さえるなど注意しながら縫いましょう。
     また、半衿の両サイドを少し織り込んで、端がほつれない様に縫いますが、
     これも縫物が苦手な方は省いても問題ありません。

  • ③長襦袢を裏返しにします。  長襦袢の衿幅に合わせて半衿を折り返し、縫っていきますが、
     幅をきちんとキープできないと衿芯が入っていかなくなる可能性があります。
     最初は手間でも衿芯を合わせながら縫うと、失敗がないと言えるでしょう。
     こちらは、まつり縫いで丁寧に縫っていきます。
     特に中央の背中心の部分は、衣紋を抜いた時に見える場合がありますから、細かく縫って下さい。
     シワが出来ないように、少し半衿を引っ張りながら縫っていくと、キレイに仕上がります。

  • ④最後に半衿の中に衿芯を入れて、出来上がりです。

最近は汚れ防止のためだけでなく、お洒落を楽しむために半衿を交換する方も増えてきました。
刺繍や色もの、ビーズ入りなど着物に合わせて色々と半衿を替えるのですが、
それだけで雰囲気も大きく変わるので人気なのです。
着物を着がえる度に半衿を付け替えるということも珍しくなくなってきました。
半衿付けは、最初から上手に出来るものではありません。

着物を着る朝に準備をするのでは、納得する仕上がりにならない場合もありますから、早めに準備しましょう。
少なくとも前日までには半衿を付け終えることをおすすめします。

また最近は、半衿つけ専用の両面テープも発売されています。
圧倒的に時間も節約できますので、裁縫が苦手な方や忙しくて時間が取れない方は使ってみて下さい。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師