プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 帯・バッグ・小物類は?〜準備編〜

コラム

帯・バッグ・小物類は?〜準備編〜

着物を決めたら、着物に合わせて小物類も決めていきましょう。
まずは帯・バッグ・草履、そして重ね衿や帯揚げ、帯締め・帯留めですね。

◆帯

帯は、着物と“格”を合わせるのが基本です。
帯には主に「袋帯」と「名古屋帯」の二種類があり、礼装には袋帯を合わせましょう。
特に結婚式などの場合は、変わり結びや二重太鼓にしますが、その場合は袋帯でないとできません。
色の合わせは難しいですが、単純に着物と帯を重ねて置いたり、軽く羽織って合わせてみて、
s直感で“似合う”と思うものを合わせましょう。
肌の色や顔立ちによっても変わってきますので、合わせてみるのが一番です。
名古屋帯は、小紋などのカジュアルな着物や訪問着を少しカジュアルダウンして着たい時に使います。
同窓会やパーティ、観劇などのちょっとしたお出かけの時に良いですね。

◆草履・バッグ

礼装用の草履は、かかとが三段以上になっている高さのあるものを選びます。
訪問着や色留袖にかかとの低い草履を合わせると、格が合わずに場違いになってしまいます。
振袖の場合は、ぽっくりも可愛らしくていいですね。
帯の雰囲気に合わせると、全体的にまとまりが出ます。
バッグと草履はセット売りも多いので、セットで買うと合わせやすいです。
色は白、パールや、ゴールド、シルバーなどがどんな着物にも合わせやすくおすすめです。
逆に濃い色は着物を選びますし、上級者向けなのであまり着物を着ないなら避けた方が無難です。
礼装用には光沢のある素材を選ぶと良いでしょう。

◆重ね衿・半衿

重ね衿やお洒落な半衿を使うと、衿元が華やかになります。
必須ではありませんが、結婚式などの場合はぜひ使いたいところ。
色は、着物や帯の色から一色選び、一段濃い色を合わせると合わせやすいです。
振袖の場合は、美しい刺繍の施された半衿を合わせるのが最近の流行りのようです。
色も白だけではなく、黒など濃い色の半衿もたくさんありますので、探してみて下さい。

◆帯揚げ・帯締め・帯留め

帯揚げは帯の上から少し覗かせて色味をプラスします。
帯締めは、帯の真ん中に締めてアクセントに。
帯留めや帯飾りは、花や動物モチーフの飾りを帯締めや帯につけるものです。
こちらも着物や帯の色から同系色の色や着物の柄と同じモチーフを選ぶと良いですね。
特に帯留めや帯飾りは、なくてもいいけどあると帯周りが華やかになるので、余裕があったらぜひ使ってみましょう。
振袖の場合は着こなしがぐっとこなれた感じになります。


きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師