プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > どの着物を着るか〜準備編〜

コラム

どの着物を着るか〜準備編〜

着物は種類によってそれぞれ“格”があり、TPOに合わせた着物を選ぶことが大切です。
“格”は着物の種類の他、紋(家紋)の有無や数、帯の形状・結び方などによっても変化しますが、
ここではごく一般的な着物の格についてお話します。
分かりやすくするために、洋装のドレスコードとも比較しながらまとめてみました。

◆正礼装(フォーマル)

最も格上の正礼装に当たるのは、振袖か留袖(主に黒留袖)、男性は黒紋付袴となります。
洋装ならば、女性は踝まである丈の長いドレス、男性はモーニングやタキシードとなり、
現代の日本で正礼装が求められるのは、結婚式における新郎新婦と親族(主に両親)くらいでしょう。
新郎新婦のお母様が着物の場合は、その多くが黒留袖です。

他、新郎新婦の伯母(叔母)様や既婚の姉妹も着ることがありますが、
最近は母親以外の親族は黒留袖を避ける傾向にあります。(決してマナー違反というわけではありません。)
特に姉妹の場合は、既婚とはいえまだ若いこともあり、
式に色を添えるという意味でも色留袖や訪問着を選ぶのが主流となっているようです。

黒留袖は、明治以降に西洋のブラックフォーマルの習慣が入ってきて結婚式の正礼装として
主流になったという説もあり、着物文化においては新しい風習とも言えます。

親族でも友人でも、未婚女性の場合は振袖が最大礼装となります。
洋装では結婚式で白いドレスはNG!というマナーがありますが、振袖なら白地でも問題ありません。
ただ、白地に織柄や薄い色柄の場合は、写真に写った時に死装束のように見えてしまうことがあるので、
帯や小物に注意したいところです。

◆準礼装(セミフォーマル)

準礼装は、結婚式のゲストの服装を思い浮かべていただくと分かりやすいです。
洋装ならば、女性は光沢があり柄のないワンピースや明るい色のスーツ、男性はブラックスーツです。
和装の場合は、振袖・色留袖・訪問着となり、正礼装とも重複しています。
特に未婚女性の方は、振袖を着ていくと喜ばれるでしょう。
一方で振袖を持っていても、新婦や親族に気を使って敢えて格を落として訪問着を選ぶ方もいます。
その辺は新郎新婦との関係性によっても変わってきますので、迷う場合は思い切って新婦(または新郎)に聞いてみても良いと思います。
格はもう一段落ちますが、色無地や付下げを結婚式に着て行ってもマナー違反とはなりません。
30代より上の方で、派手にしすぎるのはちょっと……という場合は、
色無地や付下げを選び、帯や重ね衿で工夫するのも良いと思います。

◆略礼装(インフォーマル)

基本的には「ドレスコードのあるレストラン」を思い浮かべてください。
洋装の場合、女性はスーツやドレッシーなワンピース、
男性はスーツやジャケット(お店によってはノータイ可)といったスタイル。
他にも観劇や同窓会・クラス会の時など、“ちょっとしたオシャレ着”として着物を着てみませんか?
特に小紋をお持ちの方は、こういう場で積極的にどんどん着ると良いでしょう。
小紋は“着物の普段着”という扱いなので、結婚式などの改まった場には着ていくことができません。
多少汚れても気にしない!くらいの気持ちで、気軽に着物でお出かけしてみませんか?


きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師