プロの着付け師があなたの元へ訪問します。出張着付けの検索サイト「ちようさぎ」

ちようさぎ

トップページ > きものお役立ち情報 > 帰宅後の着物の処理〜後日編〜

コラム

帰宅後の着物の処理〜後日編〜

着物は大切に扱えば永く受け継いでいけますが、お手入れを怠るとカビてしまうなど大変なことになります。
そうならないように、脱いだ後のお手入れはしっかりと行いましょう。

◆レンタルの場合

レンタルの場合はそのまま返却すれば良いので、洗濯やクリーニングの必要はありません。
返却用の箱や袋と、宅配便の伝票を渡されているかと思いますので、そちらを利用して呉服店さんに返却しましょう。
しわにならない程度に軽くたたんで梱包すれば大丈夫です。

また、着物と帯のみをレンタルして小物は自分のものを使用した場合などは、
間違ったものを返却しないように注意してください。
返却期限はご利用日の翌日か翌々日が多いので、期限を過ぎてしまわないように気をつけましょう。

◆ご自分の着物の場合

  • ■洗えるもの

    下着類(肌襦袢・裾よけ、または和装スリップ、和装ブラジャー)と長襦袢、半衿はお洗濯、またはクリーニングできます。
    下着類は通常のお洗濯と同じように洗濯機で洗えます。(正絹の裾よけは除く)
    絡まったり引っかかったりする可能性があるので、ネットに入れた方が良いと思います。
    長襦袢は、オシャレ着用の洗剤を使って手洗い、または洗濯機の“ドライモード”で洗います。
    洗濯後は陰干しですね。

    衣紋掛けがない場合、袖の部分が伸びるタイプのハンガーがあると良いです。
    半衿は、ただの白い半衿は洗濯機でOKですが、刺繍が入っていたりするものはクリーニングに!
    普通に洗うと縮んでしまうことがあります。

  • ■洗えないもの

    着物、帯など洗えないものはまず干します!
    使用した後は、季節にもよりますが2日ほど陰干しして湿気を抜きましょう。
    陰干ししてもシワが取れない場合、かなり汗や湿気を吸っている可能性があるので、呉服店さんなどにクリーニングの相談を!
    湿気を含んだまましまうと、カビや汗ジミの原因になります。

    重ね衿や帯揚げもまずは干しましょう!

    こちらは、どうしても汚れなどが気になる場合はお洗濯も可能です。
    オシャレ着用の洗剤を使用して優しく手洗いし、タオルドライして干します。
    ただ正絹のものや細かな刺繍が入っているもの、お気に入りのものなどは無理せずクリーニングに出しましょう。
    安いものなら、イチかバチかで自分で洗うのもありですが、リスクがあることをご承知ください。

きものお役立ち情報

最近チェックした着付け師

最近更新した着付け師